世界で最も大きい金の取引所はどこ?

世界で主要な金の先物取引所は、現在2つあります。それはコメックス
と東京商品取引所です。ただ東京商品取引所の出来高は、コメックスの
10分の1程度しかなく、中心はコメックスとなります。

先物取引は、少額の証拠金で大きな取引をすることが可能なので、資金
効率を最も重視するヘッジファンドを中心に、注文が集中しています。

コメックスは1933年に開設され、銅、銀、アルミの取引が中心でし
た。それが1974年に法改正で、アメリカ国民の金保有が解禁になる
と、個人投資家も金に興味を持ち始め、コメックスでも1974年12
月31日から、金の先物取引を開始しました。1982年にはオプショ
ン取引も始められ、現在は金価格に大きな影響を与える市場となってい
ます。

ところでアメリカでは、コメックスが銅、銀、アルミの取引を、NYM
EXがプラチナ、パラジウム、原油などを扱ってきました。1994年
8月にコメックスは、NYMEXに吸収合併され、コメックスディビジ
ョンという名称になりました。

先物取引所の合従連衡はその後も続き、NYMEXは2008年に、C
MEに買収され、当然コメックスもCMEのグループに入ることになり
ました。

コメックスでは従来ニューヨーク時間で昼間のみ、フロア取引だけが行
われてきましたが、コンピューター取引導入後は、毎朝の45分以外は、
ニューヨーク時間で、日曜日の18時から金曜日の17時15分まで取
引が行われています。

その一方、昼間の時間帯ではフロア取引も並行して行われています。た
だやはりコンピューター取引の方が、取引量が多い状態です、余所者か
らすれば、フロア取引は時代遅れの遺物に見えるかもしれませんが、未
だそこではフロアトレーダーの発言力が強く、フロア取引全廃は困難な
んだろうと思います。東京商品取引所では、コンピューター取引導入時
に、フロア取引を全廃しましたが、まさにコメックスとは対照的です。

金市場においては、コメックスの建玉が持つ意味合いがたいへん重要で
す。毎週金曜日のコメックスの取引後に、CFTCがその週の火曜日の
取引終了時点での建玉、つまり契約残を公表します。為替の先物市場で
は、投資家ポジションは象徴的な意味しかありません。しかし金市場の
コメックスの投資家ポジションは大きな意味を持ちます。たぶん金市場
すべてのポジションのうち、数分の1を占めていると思われます。

買いの状態が1000トン付近にくると、市場は飽和状態、みなが購入
している状態であり、すぐに売りが出てきて、価格の調整局面になりま
す。一方、買いが4000トンを下回っていると、投資家がどんどん入
ってきます。このようにコメックスのポジションは金相場に大きな影響
を与えるのです。ここまで来れば、コメックスが金価格を決めていると
言っても過言では無いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る