金を手近に置いて蓄財を確認することの意味

金は、“有事の金”と言われるように、万が一の時に世界どこでも共通
した価格で換金できるのが大きなメリットの1つであり、堅実な投資を
目指す方においては、この上なく魅力のある投資商品であると言っても
間違いではありません。最近はインターネット上から、あるいは外出中
にスマートフォンから簡単にトレードをすることができるようになり、
金への投資も環境を選ばずに積極的にできるようになりました。

ところで、金への投資を行なっている方の多くは、保管場所にも困ると
いう理由などから、取引会社に投資金だけを預け、現物もそこで管理し
てもらっているため、手元には金の現物は無いかも知れません。しかし、
金が手元にあることでもたらされる効果というのも考えられるのです。

それは、目で見て蓄財を確認できるということです。手元に金が現物と
してあると、投資の結果が目に見えて自信と確信につながります。そこ
から安心感も生じることでしょう。

決して取引会社を信用しないということではありませんが、自分と家族
の財産がいつも確認できる状態にあるという事実は、間違っても投資や
家族の将来に対してモチベーションをマイナスに持って行くことはない
でしょう。取引会社から届く金保有の状態を示す紙とは比べものになら
ない存在感と安心感、さらに“夢”が、そこにはあります。

関連記事

ページ上部へ戻る