メルティングポイントとはどういうもの?

通貨に使われている金属の価値が、通貨の額面を超えてしまう、それを
メルティングポイントと呼びます。

貴金属が通貨の材料に使用されていた時代、こんなことが起こりました。
1951年に発行された100円鳳凰銀貨と、1961年に発行された
100円稲穂銀貨が、法定通貨としては最後の貴金属を使用したもので
した。

重さ4.8グラムのうち、銀は2.88グラム、全体の6割を占めてい
ました。2013年3月現在の銀の価格は、グラム88円ですので、前
述した銀貨に含まれる銀の価格は253円となり、100円の額面価格
を超えてしまうのです。

さてこの100円銀貨なのですが、市場から消えてしまったことがあり
ます。それは1980年のハント事件の時です。ハント事件とは、テキ
サスの石油王だったハント兄弟が、銀の買い占めを行い、銀価格が5ド
ルから55ドルまで急騰してしまった事件です。

この時、日本の100円銀貨が買い集められ、輸出されて、溶かされて
銀に再生されて売られたのです。これがメルティングポイントを超えた
ことを利用した裁定取引の具体的な例。国内で銀貨を溶かすのは違法行
為となりますが、海外で行われた場合は処罰する規定がありません。そ
のため、輸出されてから溶かされたようです。

このようなことが起きたので、日本で貴金属が流通通貨に使用されるこ
とは無くなりました。また世界的に見ても、流通を前提にした金貨や銀
貨は現在では存在しません。

また通貨と金の価格の関係を考える場合、天皇在位60周年硬貨も忘れ
てはなりません。天皇陛下在位60周年を記念して、額面10万円の金
貨、1万円の銀貨、500円の白銅貨が製造されたのですが、これは臨
時補助通貨扱いされ、額面価格での使用が可能でした。

このうち、10万円金貨には純度99.99%の純金が使われ、重さは
20グラム。当時の金価格に換算すると、金の価値は4万円程度でした。
それを額面10万円で売るのですから、国は1枚につき6万円を得るこ
とになりました。

記念金貨の額面価格を、金の価値よりも高くするのは通常考えられない
ことです。なぜなら純金だとその加工のしやすさから、簡単に偽造され
ていしまうからです。

そして案の定、偽造が横行しました。4万円の価値の金が、10万円で
使えるのです。本物から型を取れば、偽造金貨を造るのは容易で、最終
的に偽造された金貨は10万枚を超え、日本は60億円に及ぶ損失を出
したのです。儲けるつもりが大損害という結果になりました。

ちなみにこの10万円金貨。含まれる金の価値は現在10万円になって
おり、ようやく額面と中に金の価値が一緒になりました。仮に10万円
で今買った場合、金の価格が上昇していけば、額面以上の価値になりま
すし、金の価格が下落したとしても額面の10万円で使えば良いので、
損にはなりません。これはプットオプションを買ったのと同様になるの
です。

メルティングポイントは、通貨以外でも起こります。銀食器は、欧米で
は昔から愛用されており、「銀の匙を食らえて生まれる」という言葉が
あるように、上流階級のシンボルでもありました。そんな銀食器なので
すが、2011年、あまりに急激に銀の価格が上昇したため、銀食器に
含まれる銀純分の価値が、銀食器の価値を上回ってしまったのです。そ
の結果、儲け話に聡い投資家達が、ネットオークションを通じて、割安
な銀食器を買い占めるような事も起きています。

関連記事

ページ上部へ戻る