金の価値はどのように表すの?

1トロイオンスの金と米ドルの交換比率によって金の価値は表現されま
す。トロイオンスという単位は金以外にも、銀やプラチナのような貴金
属でも使われる単位でして、1トロイオンスは31.1035グラムと
なります。金に興味がある方はぜひ覚えておくとよいでしょう。

また、第二次世界大戦以降はアメリカを中心に経済が動いているので、
米ドルが基軸通貨として世界各国の通貨の価値を測る基準となっていま
す。それと同じように金も米ドルによって測られるのです。金と米ドル
の取引は24時間休むことなく続けられております。

1トロイオンスあたりの米ドル建ての価格を一般に、ロコ・ロンドン・
スポット価格と呼びます。これの意味は、まずロコが場所を表す接頭語
であり、ロンドンにおいて受け渡すことを表しています。金には国籍が
無いので、イギリスが大帝国だった時代の名残で、金最大の集積地であ
ったロンドンが今でも主要な受け渡し場所になっているのです。

しかし実際は、ニューヨークで米ドルで支払い、ロンドンにある口座に
代金が振り込まれる、こういう仕組みになっています。金取引を生業に
する業者は必ずロンドンに金専用の口座を持っていて、そこで受け渡し
をするのです。

世界各地で、ロコ・ロンドン・スポット価格での取引が行われています。
金の市場はオーストリア・ニュージーランドで始まり、東京、香港、シ
ンガポールを経て、チューリッヒ、ロンドンに行き、ニューヨークで1
日の取引は終わります。そしてニューヨークの取引が終了するのとほぼ
同時刻にオーストラリアとニュージーランドの取引が始まるのです。

ただ市場とは言っても、青果市場のように実物の市場がある訳ではなく、
金融機関同士が1対1で売買を行うのです。ロンドン市場と呼ぶ時は、
ロンドンでの取引が1日の中で最盛期にあるということを表しています。

金には、スポット価格(現在の価格のこと)以外にも、先物取引という
将来の価格と決済日を決めて行う取引もあります。

そして金は一物一価を原則としてます。同じ時間帯であれば、どの市場
で買っても、同じ価格となるのです。これは裁定取引を用いているから
こそできています。

理論的に同じ価格であるはずのモノが、いくつかの要因で価格が異なる
時、安い市場で買い、高い市場で売って利ざやを稼ぐ、これが裁定取引
です。金市場においては常にプロのディーラーが裁定取引を行っていま
す。市場がある国によって通貨も金利も異なりますから、それらを考慮
して理論価格を出し、裁定取引を行うのです。一時的に価格差が出たと
してもすぐの市場原理で価格が収縮し、最後は同じ価格になるのです。

以上のように金の価格は決まっていくのですが、円で金を買う場合は、
1トロイオンスあたりの米ドル建ての価格を一度円に直さなければなり
ません。

東京商品取引所での金先物取引はグラム単位で行われます。つまり円建
ての金価格は、1トロイオンスあたりの米ドル建ての価格を円建てにし
て、さらにそれを31.1035グラムで割った1グラムあたりの価格
で取引が行われるのです。

日本では東京商品取引所以外でも、毎日金価格を公表しているところが
あります。これらの価格は原則朝公表されると余程のことが無い限り、
1日同じままです。これは、はじめから1日分の動きを勘案されて公表
されているため。ですので、円建て金価格のリアルタイムの動きについ
ては、ドル建てと為替から計算するようにした方がよいかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る