金の色調の出し方と種類別の比率

18金の場合は純金75%に対し、他の金属を25%混ぜて作ります。
このように貴金属の固さや加工性を調整するために添加する金属の事を
「割り金」といいます。

割り金として代表的な物はなんでしょうか。実は、銀や銅、パラジウム、
ニッケル、亜鉛などです。これらの他にも、特殊な性質や用途の貴金属
の合金を作る為に、タングステンやチタン、アルミニウムなどの金属も
微量に用いられる事があるのです。金は加える割り金によって様々な色
調を帯びます。どのような色調の金がどうやって出来るのでしょうか。

イエローゴールドは、18金の場合、75%の金と、残りの25%とし
て銀と銅を同じ量ずつ混ぜて作ります。銀と銅の量は等分でなくても、
一般的に認知されている金色に近い色調になるのです。

グリーンゴールドは、18金の場合、75%の金と25%の銀を混ぜて
作ります。日本語では「青割り」、または「青金」呼ばれているでしょ
う。

レッドゴールドの場合はどうでしょうか。18金の場合、75%の金は
変わらず、25%の銅を混ぜて作ります。日本語では「赤割り」、また
は「赤金」とも言います。

ピンクゴールドは18金の場合、20%程度の銅を混ぜ、他にパラジウ
ムを加える事でできます。

ホワイトゴールドは少し複雑です。ニッケルと銅、亜鉛、またはパラジ
ウムと銀、銅を加えて白色化したものを指します。残りの75%は金で
す。なお、このホワイトゴールドの場合、刻印に「K18WG」と入っ
ています。これは「White Gold」の略ですから、プラチナや
シルバーと間違わないように刻印されているのです。

また、メッキ製品は「K22GP」などと表記されます。これは「Go
ld Plating」の略で、22金のメッキがなされているという
意味です。

なかには、「K22GF」なんてものもあるでしょう。これは「Gol
d Filled」という表記がされている場合があります。GFは日
本語に直すと金張りと言う意味になります。金メッキと言えば納得です。

関連記事

ページ上部へ戻る