自然のままの金から「純金」を生み出すには

金の純度は、一般に「24分率」で表されます。

純金は「24カラット(carat)」「24金」「K24」などと表
記され、純度が99.99パーセント以上です。

「18金」は金の含有率が「18/24」、つまり75パーセントで、
「750」と刻印されます。

自然金が「24金」の純金であることは少なく、たいていは銀や銅、ビ
スマス、パラジウム、ロジウムなどが含まれており、それら不純物を取
り除く必要があります。

江戸時代の佐渡では「金銀吹き分け法」という方法で、金の純度を高め
ていました。炭火を焚いた炉のなかで自然金を溶かし、鉛と硫黄を加え
ると、銀が硫化銀となって、酸化鉛と一緒に浮かんできます。

これに束ねたワラで水をかけると薄い皮ができるので、川を鉄の板では
がし、硫黄を加えて溶かします。この作業を10日以上繰り返すと、銀
やその他の金属が分離されて、純金が残るのです。

現代の菱刈鉱山で採掘された鉱石は、まず溶炉で銅精鉱とケイ酸鉱、酸
素を加えて溶かします。これで鉄と硫黄が除かれ、品位99パーセント
の粗銅ができます。金銀は、その粗銅のなかに含まれていますから、粗
銅を精錬してから電気分解すると、銅だけが分離されます。

さらにセレンやテルル、ビスマスなどを分離した後で、銀を分離する電
気分解をすれば、純度の高い金が残ります。最後に金分離の電気分解を
すれば、品位99.9パーセントの純金が残ります。

関連記事

ページ上部へ戻る