業界用語で純金は「やき」、金を焼くってこと?

寿司屋で酢飯を「しゃり」、お茶を「あがり」と呼ぶように、貴金属業
界にも独特の符丁、いわゆる業界用語があります。

たとえば純金のことを「やき」と呼びます。これは江戸時代の金山で行
われていた「焼金」という作業に由来する言葉。「焼金」とは、金山か
ら産出した「自然金」を、「純金の純度にまで」高めるためにおこなわ
れていた作業です。

自然金には、多少なりとも銀が含まれていました。とりわけ、佐渡の金
山から採集される自然金は、銀を40パーセント近くも含んでいました。
そこから純金を得るには「焼金」の作業によって、自然金から銀を取り
除く必要があったのです。

まず、金山で産出した自然金を鉄盤の上で摺りつけ砕いてから、ふるい
にかけて「上粉」にします。その「上粉」と塩をよく混ぜ合わせ、土器
のなかに入れて焼き、焼き上がった「焼金」を冷やしてから金桶のなか
でつき砕き、水でよく洗います。

さらに、洗った「焼金」を鉢に入れ、お湯を入れて摺木で摺ります。

お湯を七、八度替えながら、この作業を繰り返すと、銀が塩と結びつい
て塩化銀となって分離します。これで、自然金から純度の高い金を得る
ことができるのです。

これが現在も使われる符丁「やき」の語源となった工程なのです。

関連記事

ページ上部へ戻る