オリンピックの金メダルは本物の金を使用している?

オリンピックの金メダルは、残念なことに純金製ではありません。オリ
ンピック憲章によれば、金メダルは、銀台の上に、金メッキまたは金張
りをしただけの代物のようです。

細かく値段を見ていくと、銀台の銀の純度は、1000分の925、金
の量は最低6グラム以上のようですので、合計した価格は3万円前後に
なります。意外と安いのではないでしょうか。

オリンピックは出場することに価値があります。オリンピックへの出場
はスポーツ選手の夢であり、金メダルを手にすることはその競技の頂点
に立ったことを意味します。これは誰にでもできる訳では無いので、金
メダルはあくまでその象徴なのです。市民マラソンなどでもメダルを授
与することがありますが、やはり名誉を表すシンボル的な意味以上は無
いのです。

また金メダルの直径は約6センチメートル、厚さは3ミリメートルのよ
うですので、仮にこれをすべて純金製にしたら、その額は莫大なものに
なります。オリンピックの経費から考えても現実的ではありません。

オリンピックのメダルは、上から、金、銀、銅の順番です。金の方が銀
よりも上になっており、貨幣の価値としても同じです。ですが数千年前
は銀が金よりも価値があったのです。

金と同じく、銀も数千年前から人間によって利用されてきました。金は
砂金などの自然金として見つかることも多かったようですが、銀の場合
は自然銀で見つかることはほとんどなかったようです。そのため、古代
エジプトでは、銀は金の2.5倍の価値があったと言われています。

その後、銀の生産方法が発明され、生産量が飛躍的に増大すると、その
希少性から、金と銀の価値は逆転しました。18世紀に万有引力で有名
なニュートンが、金と銀の交換比率を1:15にしたのはよく知られて
います。またその当時の中国の金と銀の交換比率は1:10、日本では
1:8であったと、アダムスミスが記した「国富論」に記述があります。

20世紀に入ると、国家による統制が無くなったので、交換比率は純粋
に需要と供給で決まるようになっています。近年で言うと、金と銀の交
換比率は、おおむね1:50から1:60の間で推移しています。生産
量で比べると銀の生産量は金のおよそ10倍程度ですので、現在の価値
は銀が安過ぎるし、金が高過ぎるとも思えます。産業的には、銀の方が
需要が高いですので、なおさら不思議に思えます。

ボロが出ることを「メッキが剥げる」とも言います。金製品でも、純金
製と思っていたら、金メッキがしてあるだけと気付いたら、がっかりし
ます。ではがっかりしないように、金が本物か、否か、見分けるには、
どうすれば良いのでしょうか。

金の延べ棒の場合、まず刻印を確認しましょう。金の延べ棒のは、保証
書がない代わりに、純度をはじめとする情報が延べ棒自体に刻印してあ
るのです。

また刻印が無い金製品ならば、比重を比較することで判断可能です。金
の比重は19.32ですから、比重の違う他の金属を使用していた場合
はこれで判断できます。ただ、タングステンに金メッキがされたものに
は注意が必要です。タングステンと金は、比重がほぼ同じですので、比
重を比べただけでは判断できないのです。

そこで最後は溶かしてみることになります。これをすれば確実に本物か、
否か、がわかります。

現在流通している純金は、純度100%の金という訳ではありません。
技術上の問題から純度100%のものは造ることができないのです。そ
こでフォーナインと呼ばれる純度99.99%の金を、純金と呼んでい
ます。現在最高の技術を使ってもファイブナイン、つまり99.999
%が限界なのです。

関連記事

ページ上部へ戻る