もし、日本のケイタイ全部から、金を集めたら・・・

金は、携帯電話やパソコンを作るのに欠かせない材料です。金は電気を通
しやすいうえに、加工しやすい、錆びにくいなど、工業製品に必要な、さ
まざまな利点や性能を持った大切な材料なのです。

一台の携帯電話に使われている金は、0.06グラム。

1グラムの100分の6です。ほんの少しの量に思えますが、これは鉱山
で採掘される金鉱石よりもはるかに高い「金含有率」なのです。鉱山で金
鉱石を掘って、そこに含有している金を採取するよりも、携帯電話に使わ
れている金を集めた方が、効率がいいということになります。

それに、国内では1億台以上の携帯電話が使われています。その携帯電話
に使われている金をすべて集めたとしたら、6トンになる計算。これを1
グラム4000円として計算すると、240億円。さらに、携帯電話だけ
でなく、パソコンや、デジタルカメラや、その他の家電も含めて考えたら
・・・。

それについては、統計で、日本の「都市鉱山」の埋蔵量は6800トンと
産出されたことがあります。これは全世界の金の埋蔵量の16パーセント。
これも1グラム4000円で計算してみると、約27兆円にもなります。

パソコンや携帯電話のリサイクルが重要視されている理由は「都市鉱山」
の莫大な埋蔵量にあるのです。

ページ上部へ戻る