日本が、世界の銀の3分の1を産出していた歴史

『日本書紀』に、対馬国司守が「この国で初めて銀が出ましたので奉り
ます」と報告してきたと記録されています。日本の文献に初めて銀が登
場するのがこの記述です。

日本では、飛鳥時代から銀が産出するようになったとされています。

日本の銀山で有名なのは、戦国時代から江戸時代にかけて栄えた石見銀
山(島根県)と生野銀山(兵庫県)。

豊臣秀吉の時代には、銀山も金山も直轄領とされ、豊臣政権を支える資
金源となりました。金はいろいろな採取方法がありますが、銀を得るに
は大規模な坑道を開発するしかなく、国家の後押しと高い精錬技術が必
要だったのです。

当時、世界で産出される銀は年間約200トンでしたが、日本は約3分
の1を産出していたそうです。

江戸時代初期には、銀は日本の貴重な輸出品として、生糸や絹などと交
換されました。ですが、江戸時代のうちにほぼ掘り尽くし、現在の日本
の銀は、菱刈金山で採掘される金の副産物として、わずかにとれるだけ。

世界的に見て、現在の銀のおもな産出国は、ペルー、メキシコ、中国。
この3カ国だけで、世界の年間総産出量の約半分を占めています。

確認埋蔵量ではペルーが12万トンで世界の4分の1。他にチリの7万
トン、オーストラリアとポーランドの6.9万トン、中国の4.3万ト
ンなどが続きます。

関連記事

ページ上部へ戻る