電気伝導率、熱伝導率、可視光線反射率、すべてトップの金属とは

銀は、電気伝導率、熱伝導率、可視光線反射率、どれもトップの金属。
高い電気伝導率を生かして、携帯電話の配線に利用されていますし、
高い反射率を活かして高性能の鏡面にも用いられます。

また、延性と展性(金属が薄い板や箔になる性質のこと)では、金に次
ぐもので、1グラムの銀を約2000メートルの線に伸ばしたり、厚さ
O.15ミクロンの箔にすることもできます。

銀は常温・常圧では、銀白色の軟らかい金属。金と同様、単体では軟ら
かすぎて傷つきやすいので、銅やニッケル、コバルトとの合金として用
いられることが多くあります。とくに、銀の含有率が92・5パーセン
トの銀を「スターリングシルバー」と呼び、銅との合金がコインや装飾
用、工業用などに利用されています。

銀は以前、臭化銀、ヨウ化銀などとされて、写真フィルムの感光剤に使
用されていました。銀のハロゲン化物が、光を受けて銀原子を遊離する
ことを利用して、還元剤と反応させることで、その変化を増幅(現像)、
画像として記録していたのです。

かつては、フィルム材料として銀は大量に使われていましたが、デジタ
ルカメラが普及してから、この分野での使用量は激減しています。

ちなみに、銀の元素記号「Ag」は、ラテン語で「輝く」を意味する
「Argentum」に由来します。

また、アルゼンチンという国名は銀の川という言葉から来ています。国
の中央を流れる「ラプラタ川」(スペイン語で銀の川)にちなみ、ラテ
ン語の「Argentum」から名づけられました。

関連記事

ページ上部へ戻る