高い抗菌作用、高い安全性のある銀イオンとは

風呂の残り湯を翌日も沸かし直して利用すると、毎日新しくお風呂を沸
かすのに比べて、1年で約2万4000リットルの水を節約することが
できると言われています。

そこで近年、残り湯を除菌するグッズが発売されています。除菌剤を風
呂に投入するだけで、残り湯の濁りや臭いを消してくれるし、それでい
て薬品らしい臭いもありません。これは、除菌剤として「銀イオン」が
使われているからです。

銀イオンは、非常に強い抗菌作用をもつことで知られています。大腸菌
に対しては、1辺10メートルの立方体の水槽に銀1グラムを混ぜるだ
けで効果があるそうです。銀イオンが高い抗菌作用を持つ理由は、各種
の細菌の細胞に強く吸着し、細菌の酵素細胞をブロッキングして死滅さ
せるからだとみられています。

抗菌作用が強いのに、安全性が高いことも銀イオンの特長で、浄水器や
公衆浴場の殺菌、抗菌剤や鍼治療など、さまざまな分野で広く用いられ
ています。

口中清涼剤の「仁丹」の銀色の粒は、本物の銀箔でコーティングされて
います。銀は直接摂取しても体に害はありません。

アリゾナ大学の研究では、銀は、ブドウ球菌やサルモネラ菌、赤痢菌な
ど、ほとんどのすべての病原菌に対して殺菌効果をもつことがわかって
います。広範囲の細菌に対して効果をもつことが、銀イオンの特徴なの
です。

関連記事

ページ上部へ戻る