銀は投資先にはならない金属なのか?それとも・・・

銀は、金やプラチナに較べて価格が安く、ビジネスニュースなどでもあ
まり報道されないため、存在感が薄いようにも思われますが、そんなこ
とは全くありません。古代から中世にかけては、銀は慢性的に不足して
おり、とても高価なものでした。

古代エジプトでは銀の確保が困難で、金よりも価値があり、金製品に銀
メッキがされていたこともあります。中世になると、ヨーロッパの支配
階級が、食事に銀食器を使うようになりました。もちろん美しいからで
すが、理由はそれだけではありません。

食べ物に硫黄化合物などの毒物が入っていた場合、銀食器ならそれによ
って科学変化を起こし、黒く変色します。そのことによって難を逃れる
ことが出来るからです。

昔の日本には、お毒見役といって、専門の訓練を受けた上で、将軍の食
事に毒が含まれていないか、将軍の食事の一部を試食するのが役割の家
来がいました。先に試食した家来の安全を確認してから、将軍が食事を
するのです。

日本でそういう家来が必要だったのは、日本ではあまり銀食器が普及し
ていなかったせいかもしれません。

現在では、銀はアクセサリーなどの装飾用はもちろん、電子部品など工
業用の需要がたいへんに多く、重要な金属とされています。また、銀イ
オンの強い抗菌性が注目され、抗菌剤として広く使用されています。

マーケットでの取引も、金やプラチナとは少し仕組みや値動きが違うこ
ともありますが、同様に活発に行われています。

関連記事

ページ上部へ戻る