金を売買すると税金がかかるけど、その内訳は?

金の売買にも、税金がかかります。
かかる税金の種類は、消費税と譲渡所得となります。

1 消費税

金地金や地金型金貨を購入すると、消費税がかかります。
そのかわり売却するさいは、消費税を上乗せして売却できます。

2 譲渡所得

保有する金地金や金貨を売って、一定金額以上の利益が出た場合には、
「譲渡所得」として扱われることがあります。譲渡所得とは、土地建物、
株式、ゴルフ会員権、宝石、著作権などの資産を売って得た所得のこと。
ほかの取得と合算した「総合課税方式」による申告納税の対象となりま
すが、利益が少額の場合はかかりません。

譲渡所得が合計で50万円までは特別控除が適用されて非課税になり、
50万円を超える分だけ課税されます。また、売却した金の保有期間が
5年以上に及ぶ場合、課税される譲渡所得が2分の1に軽減されるとい
う規定もあります。

反対に、金地金を売って損失が出た場合は、その年度中にほかの譲渡所
得があれば、その範囲内で控除が可能です。

「純金積立」の場合、金地金や地金型金貨とは扱いが異なります。継続
的な取引とみなされ、積立期間中の売却益や売却損は、雑所得とみなさ
れるケースが多いようです。

ちなみに、純金積立による売却益や売却損は、ほかの雑所得と損益通算
したうえで、雑所得の合計が20万円以下なら確定申告する必要はあり
ません。

関連記事

ページ上部へ戻る